• ST

実験引継ぎ

卒業研究発表は終わりましたが、もう一つ大事な行事が。そう、引継ぎです。来年度は院生がいなくなることもあり、実験手順などのノウハウが途切れてしまう可能性があります。そこで2018年度メンバーと2019年度メンバーで引継ぎを兼ねた共同実験を行ってもらいました。2018年度メンバーの素晴らしい計画のおかげで、2019年度メンバーは1週間で様々な実験を経験できたと思います。これで2019年度の卒研のスタートダッシュは確実のものとなったはず!期待しています!


先輩の説明に真剣に耳を傾ける3回生


最終日は掃除をしてからお疲れ様のピザ


21回の閲覧

Kindai University, Osaka, Japan